ひばり税理士法人(旧相原会計事務所・旧内田会計・旧速水会計)は三島・沼津・函南・伊豆・伊東を中心に中小企業の税務・会計・経営をサポートするTKC会計事務所です。

ひばり所長ブログ

6月森コラム 「回転寿司」

06.05.2015

所長コラム PDF

 

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。ゴールデンウィークが終わったと思ったら、もう6月。6月は紫外線が強いそうで、お出かけするときはお肌対策をしっかりしてからにしましょう(家内からの情報です)。

 さて、今回は私の大好きな「回転寿司」について書いてみたいと思います。まず、回転寿司の起源について。回転寿司を考案したのは、大阪の白石義明さんという方です。白石さんは「氷のてんぷら」で特許を取ったアイデアマンだったそうです(「氷のてんぷら」とはどんなものでしょう?)。

 白石さんは戦後、昭和22年に帰国し、東大阪市で大衆向け立ち食い寿司の「元禄」という店を開きました。当時1皿20円、普通の寿司より3割程安く、人気を得ましたが、次第に寿司職人の確保が困難になりました。丁度その頃(昭和28年ごろ)、飲食店組合の行事でビール工場を見学した時にオートメーション化された工場内をビール瓶をのせてベルトコンベアーが走っているのを見て「これだ!」と気づいたそうです。

 さっそく小型のベルトコンベアーを特注し、色々改善を加え、4年後の昭和32年「コンベヤー施廻食事台」を作り上げました(昭和37年に特許取得)。難関だったのはカーブの部分です。工夫の結果「三日月型鉄板」を組み合わせることで、店内をくまなく回せるようにしました。さらに翌年の昭和33年、近鉄・布施駅北に「元禄寿司」一号店が誕生しました(HP「回転寿司の発明者と元祖の店は?」参照)。

 昭和33年といったら、私が生まれる前なんですね。私が回転寿司を知ったのは東京で受験浪人をしていた頃(昭和54年)なので、それより少し前くらいにできたのかなと思っておりましたが、もっとずっと早くからあったのですね。

 それでは、全国の回転寿司のうちどこが人気があるのでしょうか(オリコン発表 2014年顧客満足度ランキング「回転寿司部門」)。はたして私達が知っているお店は出てくるのでしょうか。さっそくいってみましょう。ジャカジャカジャカジャカジャーン!

 第1位「がってん寿司」79.38点 な、な、なにぃ~。全然知りません。第2位「にぎりの徳兵衛」78.72点。ここは知っています。国道136号線が国道1号線にぶつかる手前にあるお店ですよね。しかし、この店のことはよく知りません。ずいぶん昔に一度だけ、どんな店かなぁ~と軽い気持ちで入り、いつもの調子で食べたところ、高級な店だったので、2,500円くらい払った記憶があります。それ以来一度も行ったことがありません。

 昼食に2,500円はどう頑張っても出せません。せいぜい頑張って1,000円までですよね。家内からは「500円にしなさい」と言われているのですが、逆に500円というのもきついですよね。この物価高の世の中1,000円は認めて欲しいなぁ…。

 話が長くなってしまいました。ランキングに戻りましょう。第3位「銚子丸」78.41点、第4位「函太郎」78.38点、第5位「にぎり長次郎」77.51点。うわぁ~。全然知りません。どなたかご存知でしょうか。私達の居住地域では、1位も3位も、4位も、5位も食べることができないのです。しかも2位も高くて食べられないとあっては、まさに私達の地域は回転寿司の僻地(へきち)なんですね。知らなかった。今度どこかに出張するたびにこれらの回転寿司が近くにあるか調べて、人気上位店がどの程度の実力なのか調べて参ります。

 次は、とっても大事な「ネタ」の話です。私はこれをインターネットで見ていて衝撃を受けました。これから発表することは本当なのでしょうか?私も自信がありませんが、ホームページに載っていた情報をそのまま掲載します。真偽のほどはご自身でお調べ下さい。

 まず、真鯛です。これはティラピアという魚が使われているそうです。ティラピアというのは、「原産地アフリカ・中近東、淡水魚、外観はクロダイに似ている。ティラピアの肉質は臭みもなく非常に美味で、各国で食用として使用されている」(ウィキペディア調べ)。う~ん。よくそんな魚を探してきましたね。

 次は寿司ネタにはなくてはならない鮪(マグロ)です。これは代用魚として赤マンボウという魚が使われているとのこと。にわかには信じがたいですね。マンボウというとのっぺりした肉質を想像しますが、マグロに似ているんですね。そんなにおいしいのなら、堂々と「赤マンボウ」と表示して売ればいいのにと思うのは、私だけでしょうか。

 さらに「エンガワ」です。これはオヒョウという魚で代用しているとのことです。確かに回転寿司に行くと「エンガワ」という表示になっており「ヒラメのエンガワ」とは書いてないですね。でも、素人が「エンガワ」といったら「ヒラメのエンガワ」を想像しますよね。

 他にもまだたくさんあるのですが、これ以上書くと回転寿司に行くのが嫌になってしまいそうなのでこの辺でやめておきます。

 回転寿司の起源、人気店、ネタときて、次なる話題は「原価」ですこれも上記の「代用魚」の話題と同じで、あまり知らない方が良いかも知れませんが、それでは税理士魂(そんなのあるのかなぁ?)が許しません。

 一挙にいってみましょう。まず、原価が高い方から…。第1位は…。ジャーン。「うに」です、原価85円。第2位は、マグロ(ティラピアのことじゃないですよね)、78円。第3位は、はまち、66円。第4位は、いくら、65円となっています。逆に、安い方はというと…。第1位は…。ジャーン。「ツナ」です。原価10円。第2位は、えび、25円。第3位は、玉子、30円です(「HP【コスパ】1皿100円 回転寿司の原価まとめ」より)。原価が高い「うに」と原価の安い「ツナ」では、1皿当り75円も原価に違いがあるなんて…。どうりで最近、「うに」も「マグロ」も流れていないはずですよね。こうなったら、タッチパネルで「うに」→「マグロ」→「ハマチ」→「うに」→「マグロ」と注文するようにしましょう。なんかとっても、いじましい気もしますが仕方ありません。店員の冷たい視線にも負けず、このパターンをお腹いっぱいになるまで繰り返して店を出ましょう。これであなたはいっぱしの回転寿司通になれます(でもなんかいじましいですね)。

 最後に、回転寿司で何皿食べるかについてです。インターネットで「100円の回転寿司なんですが、あなたは何皿食べれますか?」という質問がありその回答をご紹介します。「6皿で満腹です(>_<)ちなみに女性です。」という回答、「2貫で7~8皿です。」という回答や「10皿はいけるかな?にかん(2貫 筆者注)のりだとへりますよ。」という回答、また、「醤油、わさびがテーブルにあるならたくさん食べます。」という訳のわからない回答もありました。一方、たくさん食べるという方は、「14皿位だったと思います。」という回答、「私の最高は26皿です。まだ食べれましたが金額がいくのでやめました。」という回答(当たり前ですよね。昼食で税込2,808円も使っていたんでは、先が思いやられます)。さらには、「高校生の時に、38皿食べました。今は10皿が限界です。f(^_^;」という回答もありました。確かに中学生、高校生だったら食べられるかも知れませんね。私も中学生の時にはトロロ汁を8杯ぐらい平気で食べていましたもんね。

 それでは、私は平日1皿90円の回転寿司に行くと大体何皿くらい食べるのでしょうか。それは…。ああっ。いけないいけない。ここで書くともう金輪際回転寿司に行けなくなってしまうかも知れません。みなさ~ん。回転寿司はいくらおいしくても腹八分目にしましょうね。                                              (おわり)

5月森コラム 「『社』のつく言葉」

05.08.2015

所長コラム PDF

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。今日は、タケノコを5~6本掘ってから、この原稿を書いています。この時期はポカポカしていて、とても過ごしやすいですね。おにぎりをもって野山に出かけたくなります。

 さて、今回は唐突ですが、「社」(しゃ)のつく言葉について書いてみたいと思います。まずは、社是・社訓です。皆さんの会社には、これらがありますでしょうか。有名な会社の社是・社訓(経営理念)を見てみましょう。トヨタ自動車には、豊田綱領というのがあります。「一、上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし。 一、研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし。 一、華美を戒め、実質剛健たるべし。 一、温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし。 一、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし。」なるほど、なるほど。「常に時流に先んずべし」や「実質剛健たるべし」といったところは、まさにトヨタ自動車らしいなぁと感心しますが、「温情友愛の精神」や「家庭的美風を作興」さらには、「神仏を尊崇し、報恩感謝の生活」といったところは、ちょっと意外な感じがします。もう一つ、リコーの経営理念を見てみましょう。これは創業者、市村清氏の三愛精神として有名です。「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」というものです。簡潔ですが、言い得て妙ですね。

 次は、支社、子会社、関連会社です。これも中小企業ではあまり設置していないかも知れませんね。ひばり税理士法人は現在4拠点で営業しておりますが、拠点が分かれるとその分維持してゆくのが難しくなってきます。どういう場合に支店や支社を設けるかといったことについては、充分な検討が必要になります。支社や子会社を検討されている方がいらっしゃいましたら、私共に是非ご相談下さい。ちょっと話がそれました、ごめんなさい。

 それでは、社印はどうでしょうか?これはみなさん持っていますよね。会社名や住所をその都度手書きしていたのでは効率が悪くて仕方ありませんものね。ところで、近頃は社印も住所、社名、代表取締役名、電話番号、FAX番号がそれぞれ別々になっていて、必要な時にこれらのうちいくつかを組み合わせて使うことができるようになっているものがあります。これを見た時には、なる程よく考えたものだなぁと感心致しました。世の中、工夫の余地は無限にころがっているのですね。

 ついでに、パソコンでメールをやり取りする時に自分の名前、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレスなどをその都度、その都度入力しなくても、一緒にまとめて貼りつける方法があるようで、これは便利そうだなぁと、いつも感心しています。誰か私にもそのやり方を教えて下さいませませ。

 次は、建物関連で、会社社屋はどうでしょう。要するに自社ビルのことです。これは考え方が分かれるところです。土地・建物を保有すると建物は減価償却するのでまだしも、土地は減価償却できないので、経費となりません。このため、借入金で本社ビルを建てると、自社で生み出した利益の中から借入金の元本を返済することとなり、キャッシュフローが厳しくなります。自社ビルを建てるときはそのことを承知で建てるようにしましょう。この件に関しても検討されている方がいらっしゃいましたらご相談下さい(いきなり真面目な話でごめんなさい)。

 自社ビルの次は社宅(社員住宅)・社食(社員食堂)はどうでしょう。社宅がある会社はあるかも知れませんが、社食のある会社はとても少ないのではないでしょうか。以前に社食のある会社におじゃました時、ちょうど昼をまたぐことになったため、その会社の社食で食事させて頂いたことがありました。このときは、うれしくて、興奮しておかずやデザートをたくさん取りすぎたため、昼からの仕事が辛くて仕方ありませんでした。全くもって、意地汚いとはこのことですね。

社員証・社員バッジは、どうでしょうか?これも作っている会社は少ないですね。やはり大企業でなければ作らないのでしょうか。そうだとすると、これを逆手にとって、あえて社員証・社員バッジを作ってみるというのも社員の士気を高揚させるためには効果的かもしれません。社員証などは厚手のボール紙に社員名と会社名と住所を書いて写真を貼り付ければ充分ですし、社員バッジにしてもメッキ仕様なら1個当り1,400円で最低20個から作れますので、28,000円あれば出来ますし、銀イブシ金サシ(どんなものでしょう?)でも1個当り3,400円で最低20個からですから68,000円を思いきって投資すれば作ることができます。う~ん、そうかぁ~。28,000円あれば社員証と社員バッジが出来るのかぁ~。「ひばり」でも作ってみようかしら?でも、みんな嫌がるだろうなぁ、ボール紙の社員証。

 そして、何といっても極めつきは社旗と社歌でしょう。この二つが揃っている会社は、中小企業ではめったにないのではないでしょうか。そうであるならば、これらにも是非チャレンジしてみましょう。まず、社旗です。さすがにこれは布を買ってきて自分達でマジックを使って会社名と会社のマークを描いたものでは、恥ずかくて人前に出せません。社旗を作っている専門店に頼みましょう。これだって、70cm×100cmの大きさで、安い物ならば25,000円(税別)あればできます。(「旗・幕ドットコム」調べ)。フリンジ付のものだって49,000円(税別)あればできます。えっ?「フリンジって何だ!」ですって?フリンジっていうのは旗の回りに付いているヒラヒラした太い糸のようなものです。学校の校旗なんかによく使われているアレのことです。フリンジが付いていたほうが仰々しくていいでしょ!

 最後は、「社歌」です。私共のお客様で社歌がある会社は確か一社だけだと思います。そのくらい社歌のある会社は少ないと思います。これだって今からでも遅くありません。思い立ったが吉日です。さっそく作りましょう。社長自ら、会社の生い立ちや過去の苦しかったことなどを思い起こしてまとめます(一番)。そして、現在は、こういうことで社会に貢献しているということをまとめます(二番)。さらに、将来に渡ってこういうことで成長してゆくのだという決意をまとめます。(三番)。歌詞が完成したらピアノの弾ける社員(「ねこふんじゃった」が弾ける程度でかまいません)に曲をつけてもらいます。ほら、もうできちゃった。簡単でしょ。

 よーし。ひばりでも「社歌」作るぞ!でも、曲が「ねこふんじゃった」に似ていたらどうしましょう。ジャンジャン。

(おわり)

4月森コラム 「『桜』トリビア」

04.15.2015

所長コラム PDF

みなさん、こんにちは。彼岸も過ぎて、だんだん暖かくなってきました。もう、春まっさかりですね。春といえば桜。今回は桜のことについて書いてみたいと思います…。ここまで読んで、何かお気づきの方はいらっしゃいますでしょうか。そう、これは、昨年4月1日に発行した事務所ニュースの森コラムの出だしと全く同じ文章です。

 さらに今回は、「今月の職員コラム」でも、弊社総務のホープ金子雅代さんが「桜」について書くから、森は「桜」について書いてはいけませんと厳しく指導されているにもかかわらず、この時期のテーマはやっぱり「桜」になってしまうという、話題に乏しい書き手でありました。「金子さん、ごめんなさい。でも、話題はかぶっていないと思うよ!」

 ということで、さっそく始めましょう。今回のテーマは「『桜』トリビア」です。トリビア(trivia)というのは、くだらないことや些細なことなどを意味する言葉です。

 タモリさんの番組「トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~」で有名になりました。これから桜に関するトリビアを書いてゆきますので、なるほどと思ったら、是非「へぇ~」ボタンを押して下さい(古いなあ~)。

 それではさっそく、一番目のトリビア。「桜の花粉には興奮物質が含まれている!」へえ~。桜は人を狂わせるという言葉の通り、桜の花粉には興奮を誘発する「エフェドリン」という物質が含まれています。そうか、それで花見酒は異様に盛り上がってついついバカなことをしてしまうんですね(これは私だけかもしれません)。

 二番目は、「川沿いに桜が多いのは地盤を固めるため!」へえ~。これは江戸幕府八代将軍徳川吉宗の施策とされています。桜の根が張り、川沿いの弱い地盤が固くなり、さらに、桜を見に来る人の重さで、さらに地盤を固くすることによって、川の氾濫を防ぐためになされたものとされています。まるで、「風が吹けば桶屋が儲かる」的な施策ですね。

 三番目は、「桜は江戸時代までは縁起が悪いものだった!」これは「へえ~。」じゃなくて「ええ~。」ですね。理由は、「桜の花はすぐに散り、散った花の色もすぐに変わることから」ということです。ですから、「江戸時代では結婚式は桜の季節を避けて行われた」ようですし、「桜湯も振る舞われることもなかった」とのことです。では、現代ではどうでしょう。現代では、縁起が良い方に使われることが多いのではないでしょうか。「サクラサク」は受験に合格したことを意味しますし、結婚式などでは「桜湯」を飲みますしね。

 四番目は、「昔は花見=梅で、桜の出番はなかった。」へえ~。「日本の花見は奈良時代の貴族の行事が起源だといわれる。唐代の貴族の習慣に倣って、奈良時代には中国から伝来したばかりの梅の鑑賞が一般的だったが、平安時代に桜に代わってきた」へえ~。昔は梅の方が珍重されていたんですね。「梅の花見」では、しっとりしすぎていて、酒がいまひとつすすまない気がしますがいかがでしょう。えっ?なんですって。「酒を飲むために花見をするんじゃない!」ですって。それは、そうですが…。

 五番目は、ちょっと衝撃的ですが、「ソメイヨシノはほぼクローン!」というお話。クローンとは、同一の遺伝情報を持つ生物や細胞のことです。「ソメイヨシノは種では増えない。各地にある樹はすべて人の手で接木(つぎき)などで増やしたものである」ですって。これは、へえ~、へえ~!!ですね。そうすると、日本中にある「ソメイヨシノ」は全部誰かが接木したんですね。ということは、オリジナルの桜は一本しかないということでしょうか。その桜はどこにあるのでしょうか?それとも、もう枯れてしまっているのでしょうか。ミステリーですね。

 六番目は、「葉桜になると有毒物質を吐き出している!」へえ~、というかヒャ~ですね。みなさんも、桜餅を食べるとき葉っぱも一緒に食べていますよね。あの葉っぱは大丈夫なのでしょうか?桜餅の葉についても調べてみましょう。「桜餅の特有の芳香は、この桜の塩蔵葉に含まれる香り成分のクマリンによる。桜餅は桜の葉を取り外して食べても、そのまま食べても良いが、肝毒性を持つクマリンは食品添加物としては認められていないので、美味とはいえ極端に摂食しすぎることには注意が必要である」ですって。とりあえず、食べ過ぎてはいけませんってことです。「憎いね、クマリン!」

 七番目は、「さくら」の語源です。決定的なものはないようですが、次のような説があります。①「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされ、元来は花の密生する植物全体を指した。これは、伊豆地方の方言である「今日、遊びにいくら?」ですとか、「明日までに、出来るら?」という疑問詞ではなく、「山田君らのしわざだ!」とか「君らの出る幕じゃない!」といったように、「人を表す名詞や代名詞について、複数であることを表す接尾語だとする説です。この意味だとすると、花がいっぱい咲き乱れている感じが満開の桜にぴったりですね。

 八番目は、日本三大桜と五大桜です。一本目は、福島県田村郡三春町にある三春滝桜(ミハルタキザクラ)です。「滝のように枝を垂らす鮮やかなベニシダレザクラ。樹齢1000年を超える。枝の広がりは東西25m、南北20mあり、国の天然記念物。」枝の広がりが25mってすごいですね。学校にある25mプールと同じ長さですよ。めちゃ大きいですね。

 二本目は、山梨県北杜市にある山高神代桜(ヤマタカジンダイザクラ)です。「神代の花を咲かせる日本最古の見事な桜。実相寺の境内にある『日本三大桜』の一つ。樹齢約2000年と言われ、樹高は10.3m、目通り幹周約11mもある日本で最古の巨樹。国の指定天然記念物で、「新日本名木100選」にも選定されている」樹齢2000年てことは、今年が2015年だから、西暦15年に生まれたんですね。なんとイエス・キリストが15歳の頃から存在していたなんて…。どれだけの歴史を見てきたのでしょうか?

 三本目は、岐阜県本巣市にある根尾谷淡墨桜(ネオダニウスズミザクラ)です。「樹齢1500年を誇る孤高の桜。淡墨桜の名称は、散りぎわに淡い墨を引いたようになることから名付けられたもの。樹齢1500年あまりの巨木は、過去数回にわたる枯死の危機を乗り越えてきた。国の天然記念物にも指定されている。また、近くには“うすずみ温泉”があり、日帰り入浴も楽しめる。」いいですね~。「うすずみ温泉!」(って桜の樹じゃなくて、温泉の方か!)。でも、桜が散る頃に「根尾谷淡墨桜」を見て、歴史の移ろいに想いを馳せ、そのあと「うすずみ温泉」に浸かって疲れを癒し、そのあとコンパニオンさんたちと大宴会という旅を是非、実現したいもんです。

 八番目が長くなってしまいましたので、九番目と十番目は省略致します。それにしても、桜と温泉と宴会というのは、日本の文化そのものですね~。来年は三つ同時にかなえたいものです。

 (おわり)

ページトップへ
カレンダー
2017年9月
« 12月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
アーカイブ
無料相談受付中!! 経営・税務に役立つ ひばり元気セミナー ひばりNEWS 所長BLOG 監査スタッフ募集中 経営に役立つ小冊子 無料配信中

リンク集

TKC 大同生命
Copyright(c) 2017 Hibari Group. All Right Riserved.