ひばり税理士法人(旧相原会計事務所・旧内田会計・旧速水会計)は三島・沼津・函南・伊豆・伊東を中心に中小企業の税務・会計・経営をサポートするTKC会計事務所です。

ひばり所長ブログ

「ひばりのもり賞」

06.26.2014

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。いやぁ~、暑くなってきました。これから梅雨までは暑い日が続きそうですね。許されるならば、勝俣州和さん(お笑いタレント、愛称はかっちゃん)のように究極のクールビズ、半袖、半ズボンで仕事したいくらいですね(もっとやるならランニングシャツにステテコになりますが、これは女性陣から許してもらえないでしょう)。

 さて、今回は文学賞について書いてみたいと思います。皆さんは、文学賞といえば、どんな賞を思い起こすでしょうか。「芥川賞」、「直木賞」などは有名ですね。最近、私は「本屋大賞」にはまっています。
 本屋大賞というのは、ウィキペディアから引用すると、「2004年(平成16年)に設立された、NPO法人本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。一般の文学賞とは異なり作家・文学者は選考に加わらず、『新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員』の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される」というものです。さらに、「この賞は『全国書店員が選んだいちばん!売りたい本』をキャッチコピーとして掲げており、主催する本屋大賞実行委員会は書店員こそが(商品と顧客という形で)本と読者を『最もよく知る立場』にあると位置づけ、投票資格者を書店員主体にしている」文学賞です。

 今年(2014年)の大賞は、「村上海賊の娘」(和田竜著)です。あらすじを新潮社のホームページから引用します。「『のぼうの城』から六年。四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作!」。「和睦が崩れ、信長に攻められる大阪本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた!折しも、娘の景は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる!第一次大津川合戦の事実に基づく一大巨篇」。
 私は、まだこの本の149ページ(上巻が474ページ、下巻が506ページなので全部で980ページになります)までしか読んでいないのですが、すでに面白くなってきました。登場人物の紹介が最初に出ており、主人公の村上景については、次のように紹介されています。「悍婦(かんぷ)にして醜女(しこめ)。嫁の貰い手がない当年二十歳。」電子辞書の広辞苑で調べると、「悍婦」(かんぷ)というのは「気のあらい女」、「醜女」(しこめ)というのは「容貌の醜い女。醜婦(しゅうふ)。また黄泉(よみ)にいるという女の鬼。」(そこまで言うか!っていう感じですね)となっています。
 この紹介を読んだ時は、読むのをやめようかとも思いましたが、読んでゆくとぐいぐい引き込まれてゆきます。登場人物紹介では、上記のように書かれていても、本文を読んでゆくと何とも素晴らしく、カッコいい女性に思えてくるから不思議です。今度の休日はどこへも出掛けず、読書三昧でゆこうかと思っています(許してもらえればの話です)。

 前年(2013年)の大賞は、「海賊とよばれた男」(百田尚樹著)でした。著者の百田尚樹さんは受賞の言葉として次のように書いています。「私が『この小説のモデルとなった出光佐三という偉大な男の生き様を、一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!』と強く思ったように、『海賊とよばれた男』を読んでくれた書店員の皆さんもまた同じ気持ちを抱いてくれたのかも知れません。全国の書店員の皆様、本当にありがとうございました」。また、注意書きとして、次のように書かれています。「WARNING!(ご注意)読み出したら止まらなくなります。また車中読書の際は、落涙にご注意下さい。周囲に人がいないことをご確認されてから本を開くことをお勧めします。」
 これは、本当です。休日に一人でこの本を読んでいて、突然家内が帰ってきた時は、焦りました。家内の正面に立たないようカニ歩きで洗面所まで行き、水道で顔を洗ってから居間に戻ったのを昨日のように覚えています。
 それから、この日から私の行動が一つ変わりました。それは、ガソリンはなるべく「出光」で入れると決めたことです。ガソリンスタンドはいくつか系列がありますが、純粋な「日系」のガソリンスタンドは「出光」だけだそうです。(未確認情報です)。人生をかけて日本の石油を守ってくれた人に敬意を表したいからです。

 前々年(2012年)の大賞は、「舟を編む」(三浦しをん)です。タイトルからだけでは、何の話かさっぱり想像がつきませんが、この本は玄武書房に勤める編集部員 馬締光也(まじめ みつや)が新しく刊行する辞書「大渡海」を編集してゆく姿を描いた作品です。「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」という意味からこのタイトルがつけられています。
 この本を読んでから、私は「辞書」に対する見方が変わりました。言葉の意味を正確に定義するのは、とても大変なことです。例えば、この本にも出ていましたが、みなさんは「右」という言葉をどうやって定義しますか?よろしければ、ここで少し考えてみて下さい…一般的には「箸」を持つ手の方向などと言いますが、世の中には左利きの人もいて、この人には当てはまりません。この本では、「北を向いた時、東にあたる方」と定義していたと思います。広辞苑を引いてみますと「南を向いた時、西にあたる方」と定義しています。こんなことよく思いつきますよね。言葉を一つ一つ定義してゆくということはものすごく大変なことなのだということを、この本から教わりました。また、私たちは、「言葉」というものがあるから考えることができるのだということも、改めて思い知りました。

 以前、私は文学賞を獲った作品を読むことをずっと避けてきました。何か商業主義の陰謀にまんまと乗せられているような気がしたからです。しかし、本屋大賞の受賞作を読むようになってからは、考え方が変わりました。専門家の眼から見て優秀な作品というのは読む価値があるということに気づきました。賞を獲った作品を読んでファンになったら、その作家の他の作品も読んでみるというようにして、読書の幅が広がっていったらとても楽しいですね。
 そしてさらに、大好きな作家に「ひばりのもり賞」をプレゼントできるようになったら「めっちゃ」楽しいですね!
                                   (おわり)

遊び

05.23.2014

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。この号が出る頃は、1年のうちでも一番か二番目に過ごしやすい時期ですね(もう一回は、秋の行楽シーズンです)。大人といえども屋外に出て思いきり体を動かしたくなります。

 ということで、今回は「遊び」というテーマで書いてみます。みなさんは、子供の頃どんな遊びをしたでしょうか。私が住んでいる伊豆市柏久保の「横丁組(よこちょうぐみ)」という地域は、戸数が12戸しかありません。それなのに、私が子供の頃は、私と同年代の子供が20人(うち男の子が13人)もいて、大変にぎやかでした。
 小学校から帰ってくると家にランドセルを放り投げて、すぐに外に遊びに行きます。一番多くやったのは「カンケリ」ですね。私の家の回りでよくやりました。私の家は、家の回りに隠居所や物置き小屋、倉などがあったため隠れるのに好都合な場所がたくさんあったためです。
 しばらくは、みんなで一所懸命やっているのですが、しばらく経つと飽きてきて、銘々が自分の家に帰ってテレビを観たり、おやつを食べたりしはじめます。こうなるとオニはたまったものではありません。いつまでたっても捕まえることができないので、そのうち鬼も自分の家に帰ってしまい、遊びが自然消滅することなんてことがよくありました。


 あと、「あたご山」(近くにある山です)の途中に粘土のような土がとれる場所があって、そこでダンゴを作って相手めがけて投げつけるなんてこともよくやりました。
 ダンゴといえば、泥のダンゴもよく作りました。土に水を加えてダンゴを作って、少しずつ少しずつ大きくして、これをピカピカに磨き上げます。そうすると黒々と光るすばらしく風格のあるダンゴが出来上がります。このダンゴを何と相手のダンゴと押しつけあって、割れた方が負けなどという、今思えば、とてつもなく無意味な遊びをよくやりました。


 「川遊び」もよくやりました。自宅の裏山を下っていくと狩野川の支流の大見川に出ます。下まで降りてゆくと大きな岩場があって深い淵になっています。そこで釣りをするのですが、当時は道具を買うことが出来ません。細い竹をナイフで切って竿を作り、その辺りに落ちている糸と針とおもりを見つけて、石のウラについている川虫をエサにして釣ります。当時は、ハヤ(ウグイだと思います)やカーリー(オイカワだと思います)をよく釣りました。
 いつものように川に遊びに行ったときのことです。いつも一緒に遊んでいるメンバーの一人が家からマッチを持ってきたことがありました。一同、これで焚き火をして魚を焼いて食べようということになりました(昔はおおらかだったですね。今の子は絶対ににマネしないで下さい)。慣れた手順でハヤやカーリーを釣って、川に落ちている草や木の枝に火をつけて、焼いて食べました。みなさん、はたしてこれは、おいしかったでしょうか?結論を申しますと、ものすごく「まずい!」です。考えてみれば、それもそのはず。塩など一切振らずに、しかも、生焼けのまま食べるのですからおいしいはずがありません。その時以来、私はアユとアマゴとニジマスとウナギ以外の川魚は食べられなくなってしまいました。


 食べると言えば、桑の実を食べて、口のあたりを紫色にして家に帰ったとか、山芋を掘って、アスファルトで皮をこすって食べたとか、いろいろやりました。思えば、当時はいつも腹を空かしていたような気がします。


 「基地」もよく作りました。私達が作る基地は、木の枝やら竹の枝を折ってそれを並べただけの簡素なものでしたが、それでも中は暖かかったのを覚えています。その基地の中に、いろいろなものを持ってきては遊んでいました。川原に落ちていた大人向けの雑誌を「基地」の中でみんなで見たときは、かなりの衝撃を受けました。問題のページになると、みんなもっとよく見たいのにわざと早くページをめくり、お互いの顔を見合わせたりしていました。


 草野球もよくやりました。近くに、ちょっとした空地があって、そこで試合をします。当時はいつも横丁組チーム対町営チーム(町営住宅やその近所に住んでいる子供のチーム)で試合をしていました。空地といっても草ぼうぼうで、おまけにちょっと傾斜がついている土地なので、まともな試合にはなりません。キャッチャーの後には民屋があって、キャッチャーが後逸するとボールがその家のガラスまで飛んでいってしまうという、かなりスリリングな状況で試合をしていました。それで、キャッチャーの後にもう一人、ガラスに向かって飛んでくる球を防ぐ人を配置してガラスが割れるのを守っていました。こうすれば、キャッチャーの後逸は防げるのですが、防げないのはファールチップです。これは、どうしようもありません。運悪くガラスを割ってしまった時は、謝りに行く人が決まっていて(バッターだったかキャッチャーだったか忘れてしまいましたがそのどちらかだと思います)、その者が謝りに行き、他の者は近くまでいってどんな様子か眺めていました。当時は、おおらかでしたね。そうやって謝りに行くと大抵許してもらえました。今思えば、その家の人からみればえらく迷惑な話ですよね。


 あと自転車によく乗りました。横丁組のメンバーはほとんど自転車を持っていました。私もやっと買ってもらったのですが、なかなかうまく乗れるようになりませんでした。しばらく練習してやっと女乗り(サドルを前からまたぐ乗り方)ができるようになったのですが、男乗り(サドルを後ろからまたぐ乗り方)が恐くてできません。何度も練習しましたが簡単にはできるようになりません。そこで、みんなが自転車で遠出する時には、恥ずかしいので私は行かないようにしていました(そのうちひょっとしたはずみで出来るようになりました)。


 家の中では「人生ゲーム」をよくやりました。今でも人生ゲームは「DX人生ゲーム」という名前で存在しています。しかも驚いたことに職業が多彩であることです。列挙してみると、「偉い人系」の職業…政治家、医者、弁護士、教授(何で税理士がないんだ!)。「スポーツ系」の職業…プロ野球選手、サッカー選手、プロレスラー、テニスプレイヤー(サッカー選手があってよかった!)。「芸能系」…俳優・女優、男性歌手・女性歌手、コメディアン。「バランス系」の職業…学校の先生、スチュワーデス、看護師、パイロット、サラリーマン、保父さん・保母さん(バランス系って何だ!)。「特殊技能系」…発明家、漫画家、花屋、ゲームデザイナー、ギャンブラー、男性フリーター・女性フリーター(何でフリーターをわざわざ男性、女性と分けているんだ!さらにギャンブラーを職業と認めてよいのか?)。そして、なんと「ヒーロー系」…正義のヒーロー、悪の大王(こんな職業あるわけないじゃん!)。
 なんとまあ、えらく複雑になってますね。私達が「人生ゲーム」で遊んでいた頃の職業は、医者、学者、ビジネスマン、銀行家ぐらいでしたよね(これも確実ではありません、覚えている方があったら教えて下さい)。室内では、トランプ、花札(何でこんなものを持っていたのでしょう)、はさみ将棋、五目並べなどをやりましたが、家の中の「遊び」は好きになれず、すぐに飽きてしまいました。やっぱり屋外でみんなと一緒に暗くなるまで遊んで、風呂に入って、ご飯食べて、8時までテレビ見て、宿題をやったふりして、寝るという生活の方が充実していました。もうあの頃の生活には戻れませんが、子供の頃の「遊び心」はいつまでも持っていたいですね。              (おわり)

「桜」スポット

04.18.2014

 みなさん、こんにちは。彼岸も過ぎて、だんだん暖かくなってきました。もう、春まっさかりですね。 春といえば桜。今回は桜のことについて書いてみたいと思います。

 今年の開花日は静岡市で3月24日、横浜市で3月25日ですから、このコラムが出る頃には開花しちゃってますね。 さらに、満開日の予想は、静岡市で3月30日、横浜市で3月31日となっています。ということは、このコラムが出る頃には満開も過ぎちゃってますね。

 しかし、桜が一番美しいのは、開花の時でも、満開のときでもありません。そう、散り際が最も美しいのです。国道一号線のバイパスを沼津から富士に向かう途中に桜並木があります。この桜並木はなんと、5kmも続いているそうです(Tさんから教えて頂きました)。  桜が満開を過ぎて、落花がさかんな頃この道を通ると、風で舞い散る桜と前の車の風圧で舞い上がる桜とで、思わず運転を忘れて見とれてしまいそうな程幻想的な光景が見られます。以前は月に2~3回富士市に所在するお客様に伺っていましたので、毎年この光景を目にすることができたのですが、今は、行かなくなってしまったのでなかなか見る機会がなく残念です(なにも、仕事でなくても、休みの日に自分で見に行けばいいんですよね。出不精はいけませんね)。

 次に、伊東市のさくらの里。ここは、子供が小さい頃よく行きました。広々とした公園の中や道路脇に桜が植えられており、家族でおにぎりを持って一日過ごしました。小さい子供を放っておいても、危険なものがないためよく利用させてもらいました。小さな子供は、ディズニーランドのような所ももちろん喜びますが、さくらの里のように広々としていて、やわらかい草が生えている所で放っておいても、自分で勝手に遊びをみつけて大喜びでした。
 伊東といえば、伊豆高原の桜並木もいいですね。満開の時には桜のトンネルの中をつき進んでいくようで、ワクワクします。伊東のお客様の所に行くときは、ちょっと回り道をして、ここを通るようにしていました(今思えば、だいぶ回り道だったかも知れません)。  
 そういえば、伊東のお客様に行く時には中伊豆バイパスを通ってゆくのですが、中伊豆料金所の手前の桜並木もきれいですね。
 サイクルスポーツセンターに行く手前の桜並木も見応えがあります。ここには、しばらく行っておりませんが、今はどうなっているのでしょうか。お客さんに行くついでには通らない道なので、もう何年も観賞しておりません。ちょっと無理やりにでも用事をこじつけて、ここの状況も調査しなければいけません。
 修善寺虹の郷の桜もいいですね。ここは、桜だけでなくいろいろな花が楽しめます。おまけに伊豆市民は運転免許証か保険証を提示すれば無料で入れますから、コンビニでおにぎりを買っていけば一日安上がりに楽しめます(もちろん、お金を払って入っても充分楽しめます。伊豆市民でない方も虹の郷存続のためよろしくお願いします)。
 虹の郷の桜が少々人工的だという方には、近くの修善寺自然公園もお勧めです、こちらは、あまり手をかけていないので(失礼!)、自然な感じの桜が楽しめます。やはり、おにぎりを持ってピクニックがよいでしょう。
 あっ、そうそう。これを忘れちゃいけませんね。遺伝研の桜並木。ベストシーズンには息をのむ程の美しさです。ところで、遺伝研では何を研究しているんでしょうね。そっちの方が気になってしまいます。ここは、ちょっとおにぎりという感じじゃないですね。車をゆっくり走らせながら見物というのがよいでしょう。

 話が飛びますが、秋の紅葉シーズンはイロハ坂が有名ですが、この時期は、車の中から紅葉を楽しむためにみんなノロノロ運転になります。それと同じように、桜のシーズンには、伊豆高原の道路も、中伊豆バイパスの手前の道も、サイクルスポーツセンターに行く道も、遺伝研に行く道路も、国道一号線も、制限速度を5km/時にして車の中から桜を楽しみましょう。桜の見頃は1週間しかないのですから、これを見逃すと、また来年まで見られなくなってしまいます。それならば、多少の日本経済の停滞は我慢して皆で花見を楽しもうではありませんか。
 なんですって?「そんなことして遅刻したらどうするんだ!」ですって?「大丈夫!大丈夫!みんなでノロノロ運転すれば、相手もきっと遅刻しますよ!?」そして、このことが社会的に認知されれば、この時期の遅刻はすべて、「すみません。花見遅刻しました」で片付けられます。是非とも、みんなでこのすばらしい習慣を日本に根付かせましょう。

 ところで、ここ数年「花見」をやってないことに気付きました。一昔前までは、「花見」の名所で事務所全員がべベロベロになるまで飲みました。しかし、最近は会社的にも以前のような飲み方はしなくなりましたね。少し寂しい気もしますが、酒を無理強いして体調が悪くなってしまったら、楽しい花見が楽しくなくなってしまいます。ポカポカ陽気の午後にみんなで、好きな酒と好きなつまみを持ち寄って和気あいあいと「花見」ができたらいいですね。もちろん、歌も踊りも強要なしで、行きも帰りも公共交通機関を利用しましょう。                              
                                   (おわり)

ページトップへ
カレンダー
2017年11月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
アーカイブ
無料相談受付中!! 経営・税務に役立つ ひばり元気セミナー ひばりNEWS 所長BLOG 監査スタッフ募集中 経営に役立つ小冊子 無料配信中

リンク集

TKC 大同生命
Copyright(c) 2017 Hibari Group. All Right Riserved.