ひばり税理士法人(旧相原会計事務所・旧内田会計・旧速水会計)は三島・沼津・函南・伊豆・伊東を中心に中小企業の税務・会計・経営をサポートするTKC会計事務所です。

ひばり所長ブログ

ロビ(Robi)のこと

03.11.2014

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。3月に入って寒さが随分和らいできました。梅の花も今が満開で、もうすでに春ですね。寒い時期は何もする気がしないのですが、暖かくなってくると気持ちも前向きになって、新しいことを始めるにはもってこいの時期です。

 ということで、私はさっそくテレビCMで有名な音声認識ロボット〈ロビ(Robi)〉を作ろうと本屋さんに向かいました。
 えっ!〈ロビ(Robi)〉って何だですって?いやだなぁ。ちょっと、ロビのホームページから引用しますね。
 「その洗練されたデザインで世界的に有名なロボットクリエイタ―・高橋智隆氏がこのシリーズのために設計、デザインをしたロボット、その名も〈ロビ(Robi)〉。愛くるしい動きや会話を通して、ヒトの心をなごませてくれる新時代のフレンドリーロボットだ。ロボットが家族の一員になる日がついにやってくる。シリーズは全70号で完結します。」というものです。
 本屋さんに着いて、店内を一回りしましたが目的の「ロビ」は見当たりません。そこで、店員さんに、「『ロビ』っていう、かわいいロボットの雑誌下さい」とお願いしました。店員さんは、「はい」と言って、すぐにロビの創刊号を持ってきてくれました。私は嬉しくなって、「これです。これ。これ下さい」と即座に注文しました。すると店員さんが、「この商品は初回790円ですが、2回目以降は1,990円になりますがよろしいでしょうか?」と念を押すではありませんか。私は、そのことは先刻承知していたので、「ハイ、結構です」と言って、第一号を買う態勢に入りました。
 すると、店員さんは続けて、「この商品は全70号で15万円(マイコンや人感センサーなどが付いている号は、2,990円とか3,990円のときもあるため)前後かかりますが、よろしいでしょうか」とさらに念を押して聞いてきました。「ええっ!全70号で15万円?そっ、そんなにするんですか!」と総額を聞いてびっくりしてしましました。私は、1回1,990円で12回程度、従っておよそ24,000円くらいで完成すると思っていたものですから、思わずのけぞってしまいました。
 15万円もする全く生活に通常必要でないものを、私の一存で買ったということになれば、家に帰ってどうなるかは火を見るより明らかです。ここは何としても断らなければなりません。どうやって断れば大人の面目を保てるでしょうか。急に「腹が痛くなった」と言ってその場から逃げ去ればよいのでしょうか?いやいや、そんな手は、店員さんは先刻ご承知で、「あっ、それでしたら、あちらのドアの奥にトイレがございますので、そちらをお使い下さい」と言うに決まっています。素直にこのアドバイスに従って、トイレに行ってしまったら、戻ってきた時には、もう注文するしかありません。
 トイレに行って、トイレの窓から脱出すれば良いのでしょうか?いやいや、そんなことできる訳ありません。商品の万引き防止のためにトイレの窓には、きっと鉄格子をはめてあるに違いありません。それに、運よく鉄格子がなくて、逃げられるくらいの大きさの窓だったとしても、そこから脱出している現場を誰か他の人に見つかったらどうなるのでしょうか。その人は、きっと大急ぎで店に飛び込み、「不審者がトイレの窓から逃げようとしている」と店員さんにタレ込むに違いありません。私が逃げようと窓に足をかけて、体を外に出そうともがいて、やっと体が外に出た時には、すでに店員さんやらお客さんやら野次馬の人達などが集まっていて、私の一挙手一投足を見物していたなんてことになったら、私は一生立ち直れません。
 「親に相談してきます」というのはどうでしょう。いやぁ、これも無理ですね。どう見ても50歳を優に超えているオヤジが親に相談してきますなんて恥ずかしくて言えませんし、店の人も納得しないでしょう。
 「家内に相談してきます」というのはどうでしょう。これは、あり得ますね。店の人も「奥さんに相談しなければ、何もできないオヤジ」という軽蔑の眼差しを投げつけてくるかもしれませんが、これは許可せざるを得ないでしょう。しかし、その一言は私のプライドが許しませんでした。
 いろいろな言い訳で頭の中が一杯になって頭がクラクラしてきた時、私の後に他のお客さんが並びました。これは千歳一隅のチャンスです。この機を逃したら、私は15万円もするものを買わなければならなくなってしまうのです。
「お客さんが待ってるようなので、ちょっと考えさせて下さい」とやっとのことで言い放ち這う這うの体(ほうほうのてい)で店を後にしたのでした。店を出てからも、店員さんが追いかけてきはしないか心配だったので車まで小走りでたどり着くと、猛ダッシュで駐車場を後にしたのでした。

 無事家に着いて、この一件を反省してみたのですが、どうしてあのように追い詰められてしまったのかさっぱり分かりません。一体、何がいけなかったのでしょうか。もちろん、配本回数や金額を事前に調べずにお店にいってしまったというのが一番の失敗の原因です。
 さらに、店員さんが「総額で15万円」くらいかかると言ったときに、素直に「そんなにするとは思いませんでした。それならいりません」又は、「そんなにするとは思いませんでした。家に帰ってから検討します」と言えば何の問題もなかったのです。
 何故、店員さんから勧められた時に、上記の言葉が出てこなかったのでしょうか。もちろん、店員さんが女性で、とても熱心に勧めてくれたというのは大きな原因です。
 しかし、もっと大きな原因は、自分の中にあります。いい大人がたとえ総額は15万円でも、1回2,000円くらいの支払いが出来ないと思われたくない。要するにケチと思われたくないという見栄にあります。この見栄というのは厄介な代物で時として人をとんでもない方向に引っ張っていってしまいます。気をつけましょう。

 ということで、今回は、余分な買い物をして家内に叱られるのを瀬戸際で防ぐことができました。よかった。よかった。でも、「ロビ」やっぱり欲しいなぁ。

                                   (おわり)

 

 

 

 

年中行事

02.18.2014

 

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。いよいよ一年で最も寒い季節がやってきました。年々、寒さが身にしみるようになってきましたが、この2月を乗り切れば、来月はもう春です。気合いを入れてゆきましょう。

 そして、今日は初午(はつうま)です。本年度、私は地元の役職に就いている関係上一の宮神社に集合して、五色旗を持って来た子供にお菓子をあげるために朝六時過ぎに家を出ました。神社は、家から数分の所にありますが、着いてびっくり。すでに、七、八本の五色旗が立っているではありませんか。「しまった!先を越された」とドキッとしましたが、すでに区長さんと副区長さんが待機してくれていて、お菓子も全員にあげたとのことでした。「いやぁ~。助かりました」と恐縮しながら、世間話をしておりましたが、その後は、一人も来ませんでした。一体、私は何をしにのこのこ出かけていったのでしょう。脱力感に苛まれながら家路についたのでした。

 家に帰って、我が家のお稲荷さんに家内が書いてくれた五色旗を二本(私の名前と長男の名前)立てて、お参りしました。ここでも、昔は近所の子供達が五色旗を立てに来てくれてお稲荷さんの前にズラッと二十本くらい並んで壮観でした。しかし、今年は自分で立てた二本の旗だけです。家内に「どうして今年は誰も五色旗を持ってきてくれないんだろう?」と尋ねると、「もう何年も前から子供が少なくなったから、近所の人達と申し合わせてよその家には持っていかないようにしてるのよ!」との返事。そうか。そうだった。横丁組(私が属している班の名前です)には、小学生くらいまでの子供がいないんだ。「日本の縮図そのものだなぁ」と暗澹たる気持ちになったのでした。

 このように、初午は存続の危機に瀕していますが、それでは他の年中行事はどうでしょうか。ここで、季節ごとの年中行事を振り返ってみましょう。

 まず、4月から見てみましょう。4月といえば入学式ですね。それも小学校1年生の入学式は微笑ましいですね。自分の背中より大きなランドセルを背負って登校する姿は親ならずとも微笑ましい限りです。最近は、ランドセルの色も随分カラフルになっていますね。昔は、男の子は黒、女の子は赤と相場が決まっていたものですが、ブルーとかピンクはてはパープルのランドセルなんてのも見かけるようになりました。

 5月はゴールデンウィークですね。ゴールデンウィークの頃の天候は晴れる確立が高く、気温も寒からず暑からずカラッとしていて、まさに行楽日よりです。ワラビやゼンマイなどの山菜も一斉に伸びて近くの野山に山菜取りに出かけるだけでも楽しいですね。

 6月は梅雨です。6月10日から7月20日までの40日間は、外で遊ぶ計画は立てられません。雨が降っても、家の中で楽しく遊ぶ技術を持っているかいないかによって歴然と差が出てしまいます。今から、その技術を磨いておきましょう。

 7月は、海開きです。7月21日(海の日)からはいきなり真夏です。今年は最低でも一回は海に行きましょう。さらに、世界遺産になった富士山にも登る計画を立てましょう。(これは、冗談じゃなく、一回だけでいいから登ってみたいものです)。

 8月は、夏休みです。夏祭りです。盆踊りです。花火です。海です。山です。今年こそは、きちんと計画を立てて外に出かけましょう。決してクーラーの効いた家でゴロ寝などしていてはいけません。

 9月は食欲の秋、読書の秋、勉強の秋、仕事の秋です。でも9月はまだちょっと暑いですね。食欲も、読書も、勉強も、仕事も10月に回すことにして、9月は夏の疲れを癒す月にしましょう。

 10月は、何をするにも良い時期ですね。ぶどう狩り、梨狩り、栗拾い、紅葉狩り。そして、運動会・体育祭の月でもあります。たくさんカロリーを取って、たくさん消費する月にしましょう。

 11月は、文化の日(11月3日)、勤労感謝の日(11月23日)と休みの多い月です。七五三やボジョレーヌーヴォー解禁の月です。そろそろ寒い時期ですから家の中で読書や勉強の月にしましょう。

 12月は、クリスマス、レコード大賞、紅白歌合戦、行く年来る年です。クリスマス以外はみんな大晦日のテレビ番組ですね。10年くらい前までは日本人ならば必ずこの番組を見ていましたが、最近はあまり見なくなりました。少し寂しい気もしますが、それでいいんでしょうね。

 1月は、何といってもお正月。もう、お年玉を貰う方じゃなくて、あげる方になったのですが、気付いてみると自分の子供以外にあげる子供がいなくなってました。子供の頃、さんざん貰っておいて、いざあげる立場になった時にはあげる子供がいないというのも何か寂しい気がしますね(たくさんいればいたで、大変でしょうけど…)。

 2月は、今日初午です。それから、中学生の頃は2月14日のバレンタインデーはビッグイベントでした。今は、チョコレートを学校に持っていくのは禁止されているようですが、私が中学生の頃は、あまり厳しい規制はなかったように思います。当時から「義理チョコ」と呼んでいたかは定かではありませんが、その類の小さなチョコは随分たくさん頂きました。それでも、貰ってニコニコしていたのですから、今思えばなんともウブでしたよね。

 3月は終業式と卒業式ですね。一年間一緒に過ごしたクラスメートと別れるのはとてもつらかった思い出があります。もっとも、4月になればそのことなどきれいさっぱり忘れて、新しい出会いに胸をときめかせていましたけど。

 あと3月で忘れてはならないのは、誕生日ですね。「えっ誰の誕生日か?」ですって。いやだなぁ。

                                   (おわり)

失 言

08.26.2013

 みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。暑くなってきましたね。今日(7月31日)は、私の住む柏久保地区ではお盆の入りで菩提寺の住職に、お経を上げてもらいました。母親と一緒にありがたいお経を拝聴しておりましたところ、お経が佳境にはいり森家の先祖さん達が彼岸から帰ってこようかというまさにその時、「ピンポーン」というまことに無粋な音に静寂な瞑想の境地を打ち砕かれ、玄関に出てみました。行ってみますと、郵便局の若い人が書留なのでサインを下さいとのこと。「はい」と言って待っていると、ベルトに付けた機械から宛名などが記載された紙をプリントアウトしようとしています。しかし、何故かうまくプリントアウトできません。何度かやり直してみるのですが、それでもうまくいきません。あんまり、そのことにかかわっているとお経が終わってしまいかねません。そこで私は、「一度、郵便局に戻って機械を直してから、また来たら?」とやさしく提案しました。局員さんもその方がよいと思ったのでしょう。「ハイ」と言って局に戻ってゆきました。カリカリしながら祭壇のある部屋に戻ると、ほどなく、「チーン」と鳴ってお経が終わってしまいました。「うわっ、短かっ!」と思いましたが、冷静に考えれば、それはむしろ歓迎すべきことであります。お経というのは「短ければ、短いほどよい」というのは私だけでなく、世界共通の真理なのではないでしょうか。何だったら、我家のお経は、「なむからたんの~とらや~とらや~ あ~のくたら~さんぼだい かぁ~つ」でもいいです(ばちがあたりそうですね。もちろん、お経の後のお話はとても大切だと申し添えておきます。)

 

 前フリが、えらく長くなってしまいました。本題に入らせて頂きます。何故、今回「失言」というテーマにしたかというとつい最近、私がとんでもない失言をしてしまったからです。ある会社主催の税務セミナーに講師として呼んで頂き、お礼を申し上げようとした時、間違ってライバル会社の名前を言ってしまったのです。主催者の方が合図をしてくれたので、すぐに訂正しましたが、一度外に出てしまった言葉は、取り戻すことはできません。本当に、申し訳ないことをしてしまいました。そこで今回は、世の中の「失言」をとり上げ、それを私の反省の糧とし、二度と同じ過ちをくり返さないようにしたいと思います。みなさんも、一緒にお付き合い下さい。

 それでは、最初に福田元総理の失言から。北京五輪開催式を前に日本選手団に対しての激励のコメント。「まあ、頑張って下さい。せいぜい頑張ってください」ですって。これで「よお~し、頑張るぞ!」という気持になる選手がいるのでしょうか、ちょっと疑問です。

 続いて、福田総理の辞任表明会見で、記者から「総理の会見はいつも人ごとのようだ」と突っ込まれたことに対しての発言。「あなたと違うんです」これはマスコミに大きくとりあげられましたね。私もニュースで見ました。この時は、かなり怒っていたようですが、それにしても「あなたとは違うんです」はないですよね。確か、このセリフの前か後に「私は客観的に自分を見ることができるんです」というようなセリフもあったように思います。そこまで、自分を客観的に見ることができるのなら、記者の一言にそれほどまでに激昂しなくてもいいのにと思ったものです。

 次は、これも記憶に新しい猪瀬東京都知事のイスラム失言です。

以下、インターネット記事より引用します。「東京都の猪瀬直樹(Naoki Inose)知事は30日、イスラム諸国が共有するのはアラー(神)のみで、『互いにけんかしている』という発言について、謝罪した。

 2020年夏季五輪の開催を目指す東京の猪瀬知事は米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)とのインタビューで通訳を介し、『イスラム諸国が共有するのはアラー(神)だけで、互いにけんかしており、階級がある』と述べた。(中略)しかしながら30日に入り、猪瀬都知事はテレビカメラを前に謝罪を口にした」とのことです。

 いくら東京を有利にしたいからって他の候補地を批判するのはいけませんね。それじゃあ、「デブ、デブ百貫おまえのかあちゃんデベソ!」(近頃はこんな言い方しないか)と言ってるのと同じレベルですよね。

 さらに、人気イタリアン料理店『タツヤ・カワゴエ』オーナーの料理人、川越達也シェフ。「人気ニュースサイト『サイゾー』の取材に対して『水代として800円取られたと食べログで非難されたが、いい水を出しているので当たり前。年収300万円から400万円の人が何を分かって評価を書いているのか?』と受けとれる内容の発言をし、炎上状態となっている」(インターネット livedoor NEWSより)。

 これに対して、元高級イタリア料理店で料理人として働いていたAさんは、「食べログで怒った人は何も言わずに水代を請求されたと書いていましたが、高級店ではそれぐらい当り前です、海外に行ったらビストロ(庶民的なフランス料理店)でも水代を取られますよ」ですって。

 だけど、この件で庶民が怒っているのは、水代を請求されたことでしゃなく「年収300万円から400万円の人が何を分かって評価を書いているのか?」という箇所なんじゃないですかねぇ。川越シェフが、本当に年収300万円~400万円の人には自分の料理の評価はわからないと考えているのであれば、入店する際に年収チェックすればいいんですよね。それと海外と違って、日本の飲食店では水代は請求しないというのが一般的だと思います(高級店のことは知らないので、あまり説得力がないのですが…)。そうだとすると、水代を請求するのであれば、メニューを見せてお金がかかることを事前に説明すべきだと思います。さらに、それすら嫌なのであれば、会員制の店にして、所得制限を設け庶民には解放しない方がよいと思いますが、いかがでしょうか。

 この話を書いていて一つ思い出したことがあります。池田勇人元首相の歴史に残る失言「貧乏人は麦を食え」。これも強烈ですね。失言にはくれぐれも注意しましょう。くわばら、くわばら。
(おわり)

ページトップへ
カレンダー
2017年9月
« 12月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
アーカイブ
無料相談受付中!! 経営・税務に役立つ ひばり元気セミナー ひばりNEWS 所長BLOG 監査スタッフ募集中 経営に役立つ小冊子 無料配信中

リンク集

TKC 大同生命
Copyright(c) 2017 Hibari Group. All Right Riserved.